ラベル使用に関する注意事項

「エコテックス規格100による有害物質検査済み 素材品質の信頼性」ラベル は、世界中で法的に保護されている登録商標です。 そのためエコテックス規格100のラベルを製品に表示したり検査マークを宣伝目的に使用する際は、濫用を避けるため必ずエコテックス規格100の正式規定を遵守してください。

デザイン規定に関してご質問があれば、エコテックスまでお問い合わせください。 喜んでサポートいたします。

ラベル使用に関する注意事項

繊維製品にエコテックスラベルを付けて販売や宣伝をするには、付属品を含むすべての構成部材が例外なく規制値リストの要求を満たしている必要があります。 要求が満たされている証明として、エコテックス認証書が発行されます。

エコテックス(OEKO-TEX®)ラベルは、実際に与えられた認証番号と担当試験機関が記載されている場合のみ有効です。また、これらの記載事項は企業が取得した認証書と必ず一致していなければなりません。

最終製品の場合は、全ての構成部材がすでにエコテックス規格100による試験に合格し認証されていても、必ず製品としての認証番号が必要です。

寝具のカバー類では、カバー類と中身(マットレス本体等)の販売ルートが異なっているため、カバー類と中身の両方ともエコテックス規格100による試験に合格して初めてエコテックスラベルを外側に付けられるということに注意してください。
(カバーのみが認証品の場合、ラベルが外から見えないように内側にしか付けられません。)

製品のある構成部材がエコテックス規制値リストによる試験対象でない場合は、特殊ケースになります。 消費者に誤解を与えないように、目に見える場所に製品全体としてエコテックスラベルを表示することはできません。エコテックスにより認証可能な個々の構成部材には下記のようなものがあります:

  • ソファセットなど家具の側生地
  • 自動車の安全ベルト
  • ベビーカーのカバーや幌
  • 寝椅子やガーデン家具のクッション
  • 別途購入できるシートカバー

このようなケースでは、エコテックス試験機関の担当窓口までご相談ください。

グラフィックデザイン

エコテックスラベルの色に関する以下のデザイン規定は、現行規定に基づきどんな形での宣伝使用であっても遵守しなければなりません。検査マークが容易に見分けられるように、それぞれの用途に関わらずエコテックスラベルを統一的に使用することが望まれます。

  • ラベル幅は最低27㎜とします。(読みやすさを確保するため)
  • ラベルの縦幅は、ラベルに入れる文字の言語により異なる場合があります。

マークのデザインでは以下の色相が使用されねばならない。

特別の理由で、ラベルが2 色にしかできない場合、試験機関の特別の認可を得て、再現された2 色にすることができる。

グレースケールで印刷される場合、以下の値が使用されねばならない。

デザインに使う言語

  • 特定の言語で、ウムラウトの使用が印刷で必要な場合に は、エコテックス®或いはエコテックス®規格100 の中 で、例えばÖko-tex® Øko-tex®を使用することができる。
  • マーク付けは、特にスカンジナビア諸国で国内的に推奨 される。残りの国では、メーク付けは申請者自身の責任 で行われる。
  • ラベルテキスト「素材品質の信頼性 – 有害物質検査済 – STANDARD 100 by OEKO-TEX®による」以外の、エコテックス国際共同体が指定していない翻訳バージョンは、ラベルのメッセージを変えたり改ざんするおそれがあるため、認められません。
  • 現在、エコテックス認証商品が販売されている主要な標的市場用に約30の言語がラベルへの使用を承認されています。 OEKO-TEX®事務局(info@oeko-tex.com)では、ご照会に応じてまだ取り扱われていない言語の承認翻訳をご用意いたします。

製品との明確な関連性

どんな形にせよエコテックスラベルを宣伝目的に利用する場合は(製品へのラベル表示、マーケティング、セールスなど)、どの製品がエコテックスマークの対象となっているのがはっきり分からなくてはなりません。

これは、エコテックスラベルの取り付け位置自体にも、認証番号と試験機関を正確に記載し文章によりエコテックス認証を取得していることを伝える製品アピールにも当てはまります。

検査マークで指定されている文面を超える追加テキストは、ラベルの外側にのみ表示できます。

保護されている登録商標

エコテックス(OEKO-TEX®)ラベルはマドリッド条約により法的に保護された国際登録商標です。

  • 商標の偽造と悪用は刑法および民法に基づき訴追されます。
  • エコテックス(OEKO-TEX®)ラベルは、実際に与えられた認証番号と担当試験機関が記載されている場合のみ有効です。また、これらの記載事項は企業が取得した認証書と必ず一致していなければなりません。

このようにして、 エコテックス協会は ラベル使用権限があるかいつでもチェックすることができます。確実にチェックできるという原則が認証システムの基本構想に含まれているので、最終消費者はこのマークを信頼することができるのです。