試験方法

OEKO-TEX®の有害物質試験は、協会が認定した 各協会所属機関 が担当しますが、適用する試験方法は、規格文書「STANDARD 100 by OEKO-TEX® - 試験手順」にまとめてあります。

ここに掲げた製品について、 ラボ試験 がカバーする試験特性値の数は100前後あり、また、試験にかかわる国際規格に加え、公に妥当性が認められている試験方法に基づいて行います。このラボ試験の例として、有害物質がヒトの体内へ取り込まれる経路(経口、皮膚から、呼吸を通じて)として考えられるものをもれなく模擬的に再現するシミュレーション試験もあります。

繊維製品が1種類であっても試験に要する手間や時間は、加工の各ステップごとで、繊維を変質させる各種化学薬品として使用されるものにより変動します。ヒューマンエコロジー上の要求事項が求める範囲は 取扱い方に沿った使用 を繊維製品でしたときの状態次第で異なります。基本原則として繊維製品が素肌に触れる頻度が大きくなるにつれ、それが満足すべき限度基準値はより一層、厳しくしていく必要があります。

Testing and certification process according to STANDARD 100 by OEKO-TEX®