基本要素

消費者には信頼に足る製品ラベルを、繊維産業およびアパレル産業の各メーカーには有害物質の評価を目的とした、一律の安全性評価基準をそれぞれ提供することを目標とし、その実現に向けてOEKO-TEX®認証システムは以下の項目を基礎としています。

  • 世界を通じて一律で、且つ、科学的根拠に基づく(テキスタイルエコロジーとヒューマンエコロジーの両面に関係する) 試験評価基準
  • 年度ごとの見直し評価と追加の策定を規定済みの 限度基準値および評価基準に対し行う
  • 試験、認証 は繊維製品を対象として 利害関係のない試験機関 でしかるべき専門のスキルや能力を備えた組織が担当する
  • 試験は、加工のあらゆるステップにおける、繊維の原材料製品、中間製品、最終製品を対象とする(モジュール方式)
  • OEKO-TEX®認証済みの出発原材料を使用 して検査でのシナジー効果に繋げて、特に試験に要する経費を削減する
  • 製品適合性を 事業組織内部の品質マネジメント により企業で確保する
  • 企業監査 により確実に最大限度まで 認証プロセス の実効を上げ、事業組織内の品質保証体系を系統的にサポートする
  • 製品のサーベイランスは定期的な 市販品モニタリング試験 を市販商品と対象として行い、さらに 利害関係のない監査人による事業所視察 によりますが、この監査人は OEKO-TEX®協会